能條純一『渇きのセイ』第2巻

後味の悪い終わり方。能條さんの描く主人公は、精悍なように見えて、あごのラインとか結構丸かったりして、おなかも出ている感じで、間抜けなシーンが多く、だがそれがいい