5-12-01から1ヶ月間の記事一覧

産業図書「哲学教科書シリーズ」目録リスト一覧

野矢茂樹,『新版 論理トレーニング』,2006年 「論理力を目覚めさせるまったく新しい教科書」として好評を博した『論理トレーニング』が、より読みやすく、より使いやすく、多くの問題を新しくして、「新版」としてヴァージョン・アップ。楽しみながら論理…

NHK出版「シリーズ・哲学のエッセンス」目録リスト一覧

神崎繁,『ニーチェ――どうして同情してはいけないのか』,2002年 檜垣立哉,『ドゥルーズ――解けない問いを生きる』,2002年 北川東子,『ハイデガー――存在の謎について考える』,2002年 熊野純彦,『カント――世界の限界を経験することは可能か』,2002年 納…

ナカニシヤ出版「叢書・倫理学のフロンティア」目録リスト一覧

1. 佐藤康邦/溝口宏平(編),『モラル・アポリア――道徳のディレンマ』,1998年 2. 川本隆史/高橋久一郎(編),『応用倫理学の転換――二正面作戦のためのガイドライン』,2000年 3. 大庭健/鷲田清一(編),『所有のエチカ』,2000年 4. 越智貢/土屋俊/…

草思社「サイエンス・マスターズ」目録リスト一覧

1. リチャード・ドーキンス,垂水雄二(訳),『遺伝子の川』,1995年 2. ポール・デイヴィス,出口修至(訳),『宇宙最後の3分間』,1995年 3. リチャード・リーキー,馬場悠男(訳),『ヒトはいつから人間になったか』,1996年 4. ジョン・バロウ,松田…

新曜社「ワードマップ」目録リスト一覧

海保博之(監修),中込四郎/石崎一記/外山美樹,『ポジティブマインド――スポーツと健康、積極的な生き方の心理学』,2010年 松村暢隆/石川裕之/佐野亮子/小倉正義 (編), 『認知的個性――違いが活きる学びと支援』,2010年 斎藤嘉孝, 『社会福祉調査――企…

福音館書店「福音館古典童話シリーズ」目録リスト一覧

福音館書店の「福音館古典童話シリーズ」の目録一覧です。小学校のときに夢中で読みました。『十五少年漂流記』じゃなくて『二年間の休暇』という渋さがたまらない。なかでも大好きだったのは『神秘の島』です。技師かっけー。いまでも、どこかに漂着したと…

勁草書房「双書エニグマ」目録リスト一覧

勁草書房新刊一覧はこちら 15. 貫成人,『歴史の哲学――物語を超えて』,2010年 NEW!! 20世紀の歴史の哲学を主導した、ダントーやリクールによる歴史の物語論。しかし、アナール派の手法や世界システム論、フーコーの考古学など、物語論とは異なる歴史像をも…

ハーベスト社「質的社会研究シリーズ」一覧

ハーベスト社新刊一覧はこちら 5. 影山佳代子,『性・メディア・風俗: 週刊誌「アサヒ芸能」からみる風俗としての性』,2010年 移ろい変わりゆく性的世界の表層と、地下水脈のように脈々と受け継がれていく深層の感性。戦後という時間のなかで、これらがい…

勁草書房「双書プロブレーマタ」目録リスト一覧

勁草書房新刊一覧はこちら III-4. W. S. セラーズ,中才敏郎(訳),『経験論と心の哲学』,2006年 認識論、存在論、科学哲学、心の哲学、言語哲学、哲学史研究の各分野において業績を上げ、クワインと並ぶ戦後アメリカを代表する哲学者であり、心の哲学にお…

「岩波モダンクラシックス」目録リスト一覧

E. H. カー,富田武(訳),『コミンテルンとスペイン内戦』,2010年 スペイン内戦は、そのはらむ問題の多様性ゆえに、今日でも多くの関心を集めている。大著『ソヴィエト・ロシア史』に続き『コミンテルンの黄昏』で人民戦線戦術の形成を跡づけた著者が、資…

「河出ブックス」目録リスト一覧

22. 大澤真幸,『生きるための自由論』,2010年 NEW!! 人類にとって至上の価値である「自由」。だが、それはいったいどこにあるのか? 脳科学の知見も参照しつつ、自由という概念自体の刷新を目論み、新たな連帯への方向性を示唆する刺激的論考。 21. 島田裕…

「筑摩選書」目録リスト一覧

6. リービ英雄,『我的日本語: The World in Japanese』,2010年 NEW!! 日本語を一行でも書けば、誰もがその歴史を体現する。異言語との往還からみえる日本語の本質とは。日本語を母語とせずに日本語で創作を続ける著者の自伝的日本語論。 5. 古澤満,『不…